デメリット


コーポラティブハウスは応募してから暮らし始めるまでに2~3年もの時間を要るというデメリットはよく知られていますが、住んでからも通常の分譲マンションとは違った問題が生じることがあります。管理コストの面からみれば、コーポラティブハウスは一般的に小規模の建物が多いことからスケールメリットがないので、「管理費」や「修繕積立金」が割高になりやすいという問題があります。また、アトリエ系コーポラティブハウスと言われるような特徴的なデザインの建物の場合には、構造に関する不具合や管理の困難さがデメリットにつながるケースが多くあります。


『デメリット』に関する記事一覧

維持/管理

コーポラティブハウスは「管理費が安い?」実際には「管理費が高くなりがち」な理由とは?

つくる/参加

【 リスクが高い!】コーポラティブハウス募集に参加する場合に絶対知っておきたいリスク5選

コーポラティブ ハウスに魅力を感じて画会社が募集をしているプロジェクト参加する場合に、後で後悔しないように事前に知っておいた方が良いリスクやデメリットについて考えていきたいと思います。
買う/売る

こんなはずじゃなかった!コーポラティブハウス中古購入で後悔した事柄5選

中古コーポラティブハウスの場合には、購入後にコーポラティブハウスを購入しなければよかったという後悔の声も数多く耳にしてきました。では、後悔しないようにするには、どのような点に気を付けたら良いのでしょうか?中古コーポラティブハウス購入の参考になるように、実際にコーポラティブハウスで生活した上で後悔したポイントについてまとめてみました。
維持/管理

コーポラティブハウスのような小規模な集合住宅が抱えている管理の問題とは?

コーポラティブハウスに限らず、小規模な集合住宅はスケールメリットがないため管理コストが割高になることが知られています。それ以外にも小規模なコーポラティブハウスの場合、管理会社が利益が低いことを理由に、管理をやりたがらない、やっても比較的割高な費用になるといった問題があります。
中古で売る

中古売却は難しい?コーポラティブハウスの自由度ゆえに価格下落のリスクあり

維持/管理

戸数が少ないから影響も大きい管理費滞納トラブル

共同住宅を購入すると毎月、管理費や修繕積立金を支払う必要があります。これは、共有部分の維持修繕のための重要な資金です。しかし管理費の滞納などは多くの分譲マンションで問題になっています。また少数ですがコーポラティブハウスでも滞納トラブルを抱えている場合もあります。
維持/管理

住人同士のトラブル発生!コーポラティブハウスの住人のこだわりがトラブルを生む

つくる/参加

コーポラへの参加は慎重に!建設組合からの脱退は違約金が掛かる

コーポラティブハウスの参加者が途中で脱退した場合には、プロジェクトがが中断され他の参加者に迷惑がかかる恐れがありますので、建設組合設立後は、途中で脱退しないことが基本です。参加者が抜けると参加者を再度募集して、人員を補充しなくてはならないからです。そのため契約の中で脱退する場合の違約金を定めているのが一般的です。
タイトルとURLをコピーしました