建設組合


コーポラティブハウスとは「住みたい」という人が集まって、自分たちで「土地探し」や「建物企画な」などを行なっていきます。実際には、企画会社が土地を探した後に参加者を募っていますので、こうしたプロジェクトに参加する方法が一般的でしょう。参加者が集まった時点で入居希望者が「建設組合」を結成して、その其の後は、この建設組合が中心となって事業を推進していきます。事業はコーディネーターのサポートを受けられるため、組合員に、専門的な知識がなくても安心して参加することができます。しかし事業の主体はあくまでこの建設組合になるので何かトラブルがあった時には、その責任は建設組合にあるということは覚えておく必要があります。


『建設組合』の記事一覧

つくる/参加

コーポラへの参加は慎重に!建設組合からの脱退は違約金が掛かる

コーポラティブハウスの参加者が途中で脱退した場合には、プロジェクトがが中断され他の参加者に迷惑がかかる恐れがありますので、建設組合設立後は、途中で脱退しないことが基本です。参加者が抜けると参加者を再度募集して、人員を補充しなくてはならないからです。そのため契約の中で脱退する場合の違約金を定めているのが一般的です。
つくる/参加

【建設組合設立!】企画会社が募集をおこなってから建設組合成立までの大まかな流れについて解説

タイトルとURLをコピーしました