長期修繕計画を作成!コーポラの大規模修繕は意外とお金がかかるから事前準備

コーポラティブハウスの長期修繕計画 維持/管理
コーポラティブハウスが完成した後は、建物の快適性をキープするために、長期的な視点で建物の劣化状況を予測する必要があります。そして修繕費用が足りないといったことにならないように、10年、20年経った時点でどのくらいの修繕費用が必要なのか事前に資金計画を立てておく必要があります。自分たちのコーポラティブハウスが長期的にどの部位の補修工事をしなければならないかを把握し、将来に備えて資金計画を立てることを長期修繕計画と呼びます。

すべての建物で定期的なメンテナンスが必要

コーポラティブハウスのメンテナンスコーポラティブハウスに限らず、すべての建物は時間とともに劣化していきます。

コーポラティブハウスの場合には、主に外壁の汚れや鉄部のサビなどに加え、屋上防水の劣化が進んでいきます。

いつまでもきれいなまま保ち、よい状態で建物を維持するためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

長期的な視点で工事資金の確保が重要

長期的な視点で工事資金の確保このように建物には定期的なメンテナンスが欠かせませんが、高額な費用がかかるため、実際に修繕工事を実施するにあたっては区分所有者の同意が欠かせません。

いざ、大規模修繕工事の時期になって資金不足に気が付いて、住人から「一次負担金」を徴収するなんてことになららないように前もって準備しておく必要があります。

そこで、重要な役割を担うのが長期修繕計画です。

「長期修繕計画」は、建物ができあがってから30年程度を目安に長期的な展望にたち、コーポラティブハウスの修繕工事の時期や工事周期を予想し概算費用が示されます。そして、それに見合った資金計画を定めたものです。

長期修繕計画は修繕積立金の見直しが目的

修繕積立金の見直しこのように、長期修繕計画はコーポラティブハウスの資産価値の維持を目的として計画された修繕を確実に実施するためのものです。

したがって長期修繕計画を作成し、近い将来赤字になるということであれば、早急に月々の修繕積立金の額を見直す必要があります。

長期修繕計画の作成は誰がおこなう?

長期修繕計画の作成はプロがおこなう管理会社に管理業務を委託している場合には、一般的に竣工の時点で管理会社が作成した長期修繕計画が管理規約などと同じように最初の住人に渡されます。

しかし、最初に渡される長期修繕計画は信頼性に乏しいものも多く、コーポラティブハウス特有の設備や意匠(コンクリート打ち放しなど)が考慮されていない、一般的な分譲マンションの計画をベースとされていることがあります。


建物の固有の状況が反映されていないと、それが計画自体の信頼性に悪影響を及ぼします。

いずれしても、各々のコーポラティブハウスの劣化状況や修繕状況に合わせて、長期修繕計画は5年を目安に計画を見直していくことが重要です。

維持/管理
コーポラティブハウスは、集合住宅の理想的な仕組みですが「中立的な立場」で、詳しく解説している書籍やウェブサイトはほとんどありません。「コーポラティブハウスの教科書」では、一般的な分譲マンションと比較しながらコーポラティブハウスの「メリット」や「デメリット」について解説していきます。
#コーポラティブハウスの教科書をフォロー
コーポラティブハウスの教科書
タイトルとURLをコピーしました