【外部の専門家の活用】コーポラ管理組合の悩みを聞いていくれる「専門家」や「団体」とは

専門家の活用 維持/管理
コーポラティブハウスの管理組合の管理に関する「お悩み」がある場合には「外部の専門家」の支援を活用することも検討してはいかがでしょうか。特に自主管理の場合には管理会社がいないため頼る先がありません。また管理会社に業務委託していても営利目的の管理会社に全てお任せにするのもまた問題があります。ここではこうした管理組合の悩みが生じた場合にどういった「組織」や「専門家」のサポートを受ければ良いのか解説していきます。

コーポラの管理の相談に乗ってくれる「専門家」や「団体」

お住まいの地域によっては行政主催の「無料相談会」や「セミナー」などが開催されている場合もあります。

時間的な余裕があるのであれば、こうした催しに参加するのも良いでしょう。

また自治体によっては管理組合に対する助成制度なども利用できる場合があるのでこういった仕組みを使うのも一つの方法です。

「マンション管理士」や「建築士」などの専門家のサポート

第三者からの客観的で専門的なアドバイスがほしい場合にはその悩みに応じて「マンション管理士」や「建築士」などの専門家に依頼を行うこともできます。

管理組合の「運営面」や「管理規約」「管理会社への不満」などソフト面でのお悩みがある場合にはマンション管理士にアドバイスを求めるのは良いでしょう。

大規模修繕工事など「ハード面」のお悩みに場合には、設計事務所などに依頼することができます.

しかし、一般的にコーポラティブハウスなどの小規模集合住宅の大規模修繕工事となると、工事総額が少額なため、設計事務所に依頼するとその報酬額が負担になるのが難点です。

こういった場合にはやはり建築に強いマンション管理士などの個人のコンサルタントに依頼した方が費用面では有利に働きます。

まとめ

コーポラティブハウスの管理に関するお悩みがある時には、まずインターネット等を通して情報収集をするのが一般的な対応だと思います。

しかし「コーポラティブハウス」や「小規模な集合住宅」に関する情報量は少なく必ずしも役に立つ情報を得ることができるとは限りません。

よくある不満としてあがる「管理会社のコストが高すぎる」と言った内容については、当然、管理会社にサポートを求めることができませんから、こうした場合にはコスト削減を売りにしている専門家にサポートを依頼するのも一つの方法ではないでしょうか。

維持/管理
コーポラティブハウスは、集合住宅の理想的な仕組みですが「中立的な立場」で、詳しく解説している書籍やウェブサイトはほとんどありません。「コーポラティブハウスの教科書」では、一般的な分譲マンションと比較しながらコーポラティブハウスの「メリット」や「デメリット」について解説していきます。
#コーポラティブハウスの教科書をフォロー
コーポラティブハウスの教科書
タイトルとURLをコピーしました