修繕積立金


コーポラティブハウスの修繕積立金

コーポラティブハウスだからって大規模修繕工事は安くならない

修繕積立金は大規模修繕工事など建物を管理していくためには欠かせない資金となります。コーポラティブハウスで良く知られているメリットとして「修繕積立金が安価である」とされていますが実際には一般的な分譲マンションと比較して維持管理の費用が特別安くなるということはありません。

修繕積立金不足で大規模修繕工事の直前になってお金が足りない!

コーポラティブハウスの修繕積立金の額は企画会社のコーディネーターのアドバイスなどを受けながら建設組合の段階で自分たちで設定していることが多いでしょう。しかしその修繕積立金の額が適正に設定されていないケースがあり、大規模修繕工事の前になって資金不足に気が付いてやむを得ず、修繕積立金を「大幅に値上げ」したり「一時負担金」や「借入」を行うケースなどがあります。

長期修繕計画を基に資金シミュレーションして修繕積立金を設定しよう

こうしたことにならないように事前に長期修繕計画作成した上で資金シュミレーションをおこなって不足するようであれば管理コストの見直しをおこなって、それでも不足するようなら段階的に修繕積立金を値上げしていくことが必要です。


『修繕積立金』の記事一覧

維持/管理

機械式駐車場の「維持管理費用は高額!」だから将来に備えて使用料は「修繕積立金」に回す

維持/管理

あるある『大規模修繕工事の直前に「修繕積立金が足りない!」』の「原因」と「対策」

維持/管理

長期修繕計画を作成!コーポラの大規模修繕は意外とお金がかかるから事前準備

維持/管理

戸数が少ないから影響も大きい管理費滞納トラブル

共同住宅を購入すると毎月、管理費や修繕積立金を支払う必要があります。これは、共有部分の維持修繕のための重要な資金です。しかし管理費の滞納などは多くの分譲マンションで問題になっています。また少数ですがコーポラティブハウスでも滞納トラブルを抱えている場合もあります。
タイトルとURLをコピーしました