自由なイメージの「コーポラティブハウス」だって「専有部分」のリフォームには届け出が必要!

維持/管理
コーポラティブハウスを中古で購入して自由にリフォームをしたいと考える方も多いでしょう。賃貸ではないからお部屋内であれば自由に手を加えられると考える方も少なくないはずです。また、コーポラティブハウスだから「自由にリフォームできるだろう」と思われがちですが管理組合のルールで事前に理事長に許可を得なければなならないことがほとんどです。このリフォーム時の手続きは通常の分譲マンションと同様です。ここでは意外と知られていない専有部分のリフォームの届け出のルールについて説明していきます。

専有部分の「リフォーム」のルール

各コーポラティブハウスの管理規約によって多少異なりますが、専有部分のリフォームは、事前に届出をして理事長の許可が必要とされていることが一般的です。

リフォーム工事の申請を受けた理事長は、申請のあった「リフォーム工事」によって建物に悪影響がないか理事会で審議を行って問題がない場合に限って工事を承認します。

したがって、リフォーム工事を申請する場合には、こうした判断をおこなうのに必要となる「工事図面」や「リフォームの内容」を添えて申請を行うことになります。

「リフォーム工事」の承認を得たら隣接する住戸にご挨拶

「リフォーム工事」の承認を得たら隣接する住戸にご挨拶理事長からのリフォームに関しての承認を得た上で工事を始めることになりますが、工事の期間中は、隣接する住戸に「騒音」や「振動」などの迷惑をかけることになるので「隣接する住戸」や「上下階のお部屋」にはリフォーム工事を行うことを事前に伝えて、ご挨拶をするようにしましょう。

また、管理組合によっては「リフォーム工事」を許可する条件に、「隣接する住戸から許可を得ること」を条件にしていることもあります。

フローリングの床材の制限に注意

コーポラティブハウスでのフローリングの床材の制限に注意コーポラティブハウスなどの共同住宅では、騒音トラブルがとても多いため、特に騒音が伝わりやすいフローリングの床材に制限を設けている管理組合があります。

床材には遮音性能の表示があるためこれが管理組合が設けている基準内であるか事前に確認をおこないましょう。

こうしたフローリングの床材の制限を「管理規約」や「使用細則」で規定していない場合であっても、共同生活をする上で騒音を出さないことは、最低限のマナーですのでフローリングの「床材」や「工法」の選定には十分に気をつけることが大切です。

まとめ

コーポラティブハウスリフォーム工事届け出ルールまとめコーポラティブハウスは「住民同士のつながり」や「コミュニティ」が良好であることが魅力の一つとして挙げられます。

こうした良好な関係を継続するためには、各々が建物の「マナー」や「ルール」を守ることが基本です。

専有部分であってもリフォームを行う場合には「工事中の騒音」であったり工事内容によっては「建物に悪影響」を及ぼすことも考えられます。

従ってリフォーム工事を行う場合には「管理規約」や「使用細則」に則って、リフォーム工事の届出をして理事長の許可をもらってから工事を始めるようにしましょう。

また、リフォームの内容によっては総会で「工事を認めるのか」審議をすることもありますので時間的な余裕をもって申請を行うようにしましょう。

維持/管理 買う/売る
コーポラティブハウスは、集合住宅の理想的な仕組みですが「中立的な立場」で、詳しく解説している書籍やウェブサイトはほとんどありません。「コーポラティブハウスの教科書」では、一般的な分譲マンションと比較しながらコーポラティブハウスの「メリット」や「デメリット」について解説していきます。
#コーポラティブハウスの教科書をフォロー
コーポラティブハウスの教科書
タイトルとURLをコピーしました