【ペット飼育問題】コーポラティブハウスで「ペット飼育可」でも条件付きのルールにしよう

コーポラティブハウスで「ペット飼育可」でも条件付きのルールにしよう 維持/管理
コーポラティブハウスの場合には、ペットの飼育は許可されていることが一般的でしょう。共同住宅ではペットの飼育に関するトラブルは多く、住民の間で意見が分かれることが多いのもペット飼育の問題です。コーポラティブハウスの場合には、一般的にペットの飼育が許可されていることが多いのですが、その場合でも最低限のルールは必要です。ペットの「種類」やい多頭飼い」で実際にトラブルになってるケースもあります。ここではペット飼育のルールの制定について考えていきます。
コーポラティブハウスでのペット飼育のルール

ペット飼育のトラブルを防止するための対策

コーポラティブハウスでペット飼育のトラブルを防止するための対策ペットの飼育に関する問題は「コーポラティブハウス」や「マンション」などの共同住宅で最も多いトラブルのひとつです。

沢山の住民がいれば動物が「好きな人」「嫌いな人」が必ず存在します。ですからルールを取りまとめるのも簡単なことではありません。

また、ペットの飼育の許可には「賛成」であっても、ブリーダーのような「多頭飼い」や「種類」によっては不快感を覚える方もいるでしょう。

ペット飼育を許可する場合のルールは「条件付け」に

「管理規約」でペット飼育を許可する場合にも、全面的に許可するのではなく「条件付き」で認めるのが望ましいでしょう。

条件付きでペットの飼育を許可する場合には、飼育を認めるペットの「種類」や「頭数」などを定めなくてはなりません。

また飼育には「届け出」を義務付けて管理組合が建物内のペットの状況について常に把握しておく必要があります。

ペット飼育のルール違反者への罰則規定

「管理規約」や「使用細則」などのペット飼育のルールに違反した場合には。ペットの飼育を禁止するなどの罰則を設けることが必要です。

実効性はともかくとして、ある程度の抑止力にはなるでしょう。

また住民からの苦情が理事会などにあげられた場合には、理事会で話し合いをして必要であれば、改善を促すチラシの配布や、総会で苦情の状況を報告して違反者に改善を促すなどの処置も必要です。

飼い主に「ペットクラブ」への加入を義務づける

コーポラティブハウスで「ペットクラブ」への加入を義務づける飼い主への自覚と責任を意識させるために飼い主全員に「ペットクラブ」などの組織に加盟することを義務付ける方法もあります。

「ルールの遵守」や「トラブルの起きた時の対処」などをペットクラブの責任とすることで、ペットを飼育していない住民との窓口としての役割があります。

ペットクラブでは、定期的な「勉強会」や「散歩会」などを通してコーポラティブハウス内でのコミュニケーションを活発にさせる効果も期待できます。

まとめ

コーポラティブハウスの魅力の一つにペット飼育に寛容である方が多いことを挙げる方も多いでしょう。だからといってすべての住民が動物が好きかと言うと、そんなことはありません。

ペット飼育に関するルールを設けていないと「犬猫」などの一般的な種類以外の「大多数の方が望まない動物」などの飼育がおこなわれた場合には、それを後からルールを設けて制限することは困難です。

現在飼育しているペットを簡単には手放すことは難しいので、新しい飼い主が見つかるまでの「期間限定」にしたりそのペット「1代限り」で許可するなどの方法を取らざるを得ません。

このような事態にならないためにも事前に、ペット飼育のルールを作成しておくことが重要となります。

なお、「管理規約」や「使用細則」にペット飼育に関するルールを設ける場合には補助犬はペットとして扱わないなどの配慮が必要です。

維持/管理
コーポラティブハウスは、集合住宅の理想的な仕組みですが「中立的な立場」で、詳しく解説している書籍やウェブサイトはほとんどありません。「コーポラティブハウスの教科書」では、一般的な分譲マンションと比較しながらコーポラティブハウスの「メリット」や「デメリット」について解説していきます。
#コーポラティブハウスの教科書をフォロー
コーポラティブハウスの教科書
タイトルとURLをコピーしました