つくる/参加

コーポラへの参加は慎重に!建設組合からの脱退は違約金が掛かる

コーポラティブハウスの参加者が途中で脱退した場合には、プロジェクトがが中断され他の参加者に迷惑がかかる恐れがありますので、建設組合設立後は、途中で脱退しないことが基本です。参加者が抜けると参加者を再度募集して、人員を補充しなくてはならないからです。そのため契約の中で脱退する場合の違約金を定めているのが一般的です。
つくる/参加

【建設組合設立!】企画会社が募集をおこなってから建設組合成立までの大まかな流れについて解説

維持/管理

【区分所有者の義務!】コーポラのオーナーになったら協力して建物の維持管理をおこなう

コーポラの基本

コーポラティブハウスとは、 自分たちで『つくる』共同住宅 のこと

タイトルとURLをコピーしました