機械式駐車場の「維持管理費用は高額!」だから将来に備えて使用料は「修繕積立金」に回す

コーポラティブハウスの機械式駐車場の維持管理費用は高額 維持/管理
コーポラティブハウス管理組合が駐車場利用者から徴収している使用料は「管理費」の収入として処理しているところがほとんどですが、機械式駐車場の使用料は、日常的な保守点検費を除いて「修繕積立金」に移すことが望ましいでしょう。「機械式駐車場」の場合には、長期的に考えるとかなりの維持管理費用が必要になるため、将来的な支出に備えて「修繕費用」を蓄えておく必要があるからです。今回は駐車場の使用料の管理組合での取扱いについて考えていきます。

コーポラの機械式駐車場の「維持管理費用」の問題

コーポラの機械式駐車場の「維持管理費用」の問題機械式駐車場は、非常に維持管理費が高くつく設備として知られています。機械の「鉄部の塗装工事」や「モーターの交換」などは定期的に行う必要があります。また、30年を経過すれば機械の総入れ替えも検討しなくてはなりません。

機械式駐車場の構造によって上下しますが、既存の駐車場を解体して新たに設置する費用は1パレットあたり150万円程度とされています。

ですから年に4回程度行う保守点検費だけを、使用者から使用料として徴収しても、長期的な機械式駐車場の維持費用には全く足りません。

機械式駐車場の使用料は「修繕積立金」に回す

機械式駐車場の使用料は、定期的な保守点検費用の他、「部品の交換費用」「鉄部の塗装費」「機械の総入れ替え」など長期的な維持管理費用を考慮して設定しなくてはなりません。

したがって使用料から定期的な「保守点検費」を差し引いた額は、将来に備えて修繕積立金に移すことが望ましいでしょう。

機械式駐車場の空きの問題

昨今では車離れが加速してマンションなどの共同住宅でも駐車場の空きが目立つようになってきました。

しかし、コーポラティブハウスの場合には比較的「車を所有する」割合が多いことや、そもそも駐車場の区画を特定のオーナーが権利を持つといった通常の分譲マンションとは異なる扱いになっていることも多いため「駐車場の空き」が問題になることはあまりないようです。

機械式駐車場の料金設定

長期的な維持管理費が不足するようであれば駐車場の「使用料の値上げ」も検討しなくてはなりません。

この場合には近隣の駐車場の価格を調査して同程度に上げるのが一般的な方法です。しかしそこまで使用料を上げても維持管理費用に足りないこともよくあります。

この場合にはメンテナンスコストを減らすために、「独立系」の機械式駐車場の点検業者に変更したり、「点検の回数を減らす」などの対策も検討せざるを得ないでしょう。

コーポラティブハウスの機械式駐車場の点検は、信頼の「メーカー系」価格の安さで「独立系」?

まとめ

コーポラティブハウスの管理組合は将来を見据えれば「電気自動車用充電設備用のコンセントの設置」「カーシェアリングの導入」や駐車場の「外部への貸し出し」なども考慮していく必要があるでしょう。

機械式駐車場の長期的な維持管理費用を満たす「資金計画を作成する」には、長期修繕計画の中に機械式駐車場のメンテナンスコストを反映してそれに見合った「使用料を設定」することが基本です。

維持/管理
コーポラティブハウスは、集合住宅の理想的な仕組みですが「中立的な立場」で、詳しく解説している書籍やウェブサイトはほとんどありません。「コーポラティブハウスの教科書」では、一般的な分譲マンションと比較しながらコーポラティブハウスの「メリット」や「デメリット」について解説していきます。
#コーポラティブハウスの教科書をフォロー
コーポラティブハウスの教科書
タイトルとURLをコピーしました