コーポラティブハウス管理組合の運営はマンション管理士などの専門家を活用するのも一つの方法

コーポラティブハウス管理組合の運営はマンション管理士などの専門家を活用するのも一つの方法 維持/管理
コーポラティブハウスの管理をおこなう中心は管理組合の理事の皆さんです。そして理事を務めるのは原則的には管理組合の各住戸のオーナー、すなわち区分所有者の皆さんですが、それぞれ自分の仕事を抱える中でこうした管理組合の活動の時間を取れる方ばかりではありません。
本音の部分では誰か「時間の余裕のある方」や「管理に詳しい方」にお任せしたいと思っている方が多いのではないでしょうか。特にコーポラティブハウスの場合には、世帯数の少ない建物も多いので理事の負担が重くなりやすいといった側面もあります。このような場合には、マンション管理士などの専門家を管理組合の顧問として採用したり、さらに一歩進んで理事を代行してもらうことも可能です。ここでは管理組合がマンション管理士などの専門家を採用するメリットについて考えていきます。

コーポラがマンション管理士などの専門家を採用するメリット

  • マンション管理士を顧問として採用して理事会で適切なアドバイスを受けることで本業の仕事が忙しい理事の負担を軽減することができます。また専門的な知見から管理組合の適正な運営が可能となります。
  • 理事が輪番で毎年変わってもマンション管理士が顧問となることで管理組合運営の継続性を保つことができます。
  • 管理会社から提示された見積もりの妥当性などをマンション管理士が精査することで管理コストの削減につながります。
  • 理事のなり手がいないコーポラティブハウスでは理事にマンション管理士を採用することで理事のなり手不足を改善し、専門的な管理組合運営を実現できます。

まとめ

コーポラがマンション管理士などの専門家を採用するメリット昨今では管理組合が顧問としてマンション管理士などの専門家を活用するのが当たり前になってきています。

小規模なコーポラティブハウスの場合には、マンション管理士の採用によるコスト増をどのようにクリアするのかが課題になりますが、長期的に見ればマンション管理士による管理コスト削減効果によりペイできるでしょう。マンション管理士が管理会社の管理コストを見直したり、大規模修繕工事の見積もりを精査するなどして大幅に管理コストを削減できるからです。

これからも管理組合の運営は住民が主体でおこなっていくという原則は変わることはありませんが、これまでのような管理の知識のない各住戸のオーナーによる管理組合の運営には限界が来ているのも事実です。

これからの管理組合運営は、管理会社の他に、管理組合目線のマンション管理士等の専門家によるサポートを受けながらおこなっていく方法が広まっていくでしょう。

維持/管理
コーポラティブハウスは、集合住宅の理想的な仕組みですが「中立的な立場」で、詳しく解説している書籍やウェブサイトはほとんどありません。「コーポラティブハウスの教科書」では、一般的な分譲マンションと比較しながらコーポラティブハウスの「メリット」や「デメリット」について解説していきます。
#コーポラティブハウスの教科書をフォロー
コーポラティブハウスの教科書
タイトルとURLをコピーしました