【情報共有が重要】「LINE」「Facebook」「Slack」住人間で情報共有をしてトラブルを未然防止

住人同士で情報共有 維持/管理
コーポラティブハウスの「理事会」と「その他の住人」とのトラブルの多くは、理事会の考えが他の住人に伝わっていないことが原因となっています。したがって管理組合での活動は「理事会」と「他の住人」との情報の共有化が重要といえます。

管理組合内での情報共有をどのようにおこなう?

管理組合内での情報共有をどのようにおこなう?日常的な管理のお知らせは「掲示板」や「メール」などの手段で行い、大規模修繕工事の実施の際には適宜「説明会」を行うなどして実際に集まって情報を共有することが重要です。

情報共有は迅速に全員に行う必要がありますが、内容によっては「区分所有者」と「賃借人」と区別して行う必要もあるでしょう。

一般的な分譲マンションで行われている情報共有の方法としてはエントランスなどにある「掲示板」を活用する方法です。

しかし、小規模のコーポラティブハウスの場合には物理的な「掲示板」が設置されていないことも多々ありますので、このような場合には「回覧板」や「メール」などでおこなう方法が一般的でしょう。

ITツールの活用

ITツールの活用コーポラティブハウスでは、インターネットを活用している家庭も多いことから、ITツールを活用する方法も有効です。「LINE」や「フェイスブック」、その他「Slack」などを活用しているコーポラティブハウスもあります。

また、管理組合専用の「マンション管理システム」も市場にはありますが、単純に情報共有するだけであれば操作も簡単な前述の汎用的なツールを活用する方が操作が簡単で使いやすいでしょう。

まとめ

大規模なマンションでは「デベロッパー」や「管理会社」が竣工時から情報共有システムを提供している場合がありますが、実際のところあまり活用されていないのが現状です。

大規模になればなるほど「顔も知らない」住人がいますので、積極的に情報発信する人がいないのはわからなくもありません。

しかし、コーポラティブハウスの場合にはコミュニティがしっかりしているのでこうした ITツールを活用すると情報共有が容易になって、皆さん積極的に使うようになります。

特に大規模修繕工事など大きな「お金」が動く場合には、実施までの過程を理事会や住人が情報共有していくことがトラブルを防ぐことにつながります。

維持/管理
コーポラティブハウスは、集合住宅の理想的な仕組みですが「中立的な立場」で、詳しく解説している書籍やウェブサイトはほとんどありません。「コーポラティブハウスの教科書」では、一般的な分譲マンションと比較しながらコーポラティブハウスの「メリット」や「デメリット」について解説していきます。
#コーポラティブハウスの教科書をフォロー
コーポラティブハウスの教科書
タイトルとURLをコピーしました