ホーム

コーポラティブハウスとは

コーポラティブハウスは、自分らしい住まいやこだわりの住まいです。自由設計で間取りや仕上げを自分好みにアレンジできるほか、 入居時には顔見知りという安心・安全の住まいを手に入れることができます。

コーポラティブハウスとは、 自分たちで『つくる』共同住宅 のこと

コーポラティブハウスに住む

コーポラティブハウスに暮らすには、企画会社が募集してる物件に建築段階から参加する方法と中古を購入する方法があります。また、部屋のオーナーが貸し出しているお部屋に賃貸で暮らす方法もあります。

つくる/参加
コーポラティブ方式は、新しい住まいづくりの手法としてメリットが数多くある一方で、分譲マンションを買うのとはまったく違って、建物完成までは、参加者も相当のエネルギーを使うことになります。後でコーポラティブハウスづくりに参加したことを後悔しないように事前に知識を学んでおきましょう。

コーポラティブハウス 3つのメリット

自由な設計

コーポラティブハウスの最大のメリットは、なんといっても設計の自由度の高さです。一般の分譲マンションでは実現できない間取りやデザインを自分たちのスタイルに合わせて自由に設計できます。

良好なコミュニティ

建物をつくる過程を共有する住人と自然に生まれるコミュニティーはコーポラティブハウスのならではのメリットです。建物ができた後の暮らしのなかで隣人とのこうしたつながりは安心感に変わります。

コストの透明性

建物の建設から暮らし始めるまでの過程はすべて透明です。一般的な分譲マンションで上乗せされる広告費やマージンなどの不透明なコストが不要となるため、納得の価格でこだわりの住まいが実現できます。

コーポラティブハウスのトラブル

コーポラティブハウスでの生活は楽しそうなその一方、顔見知りの家族が一緒になって住むことによる弊害もあります。また、建物の特殊性から維持管理に費用がかかるデメリットもあります。

404 NOT FOUND | コーポラティブハウスの教科書
「ストーリーのある住まい」を考えるサイト
タイトルとURLをコピーしました