【大規模修繕工事】「設計監理方式」と「責任施工方式」2つの方式どちらを選ぶ?

維持/管理
コーポラティブハウスが大規模修繕工事の工事を発注する際の主な方式は「設計監理方式」と「責任施工方式」の二つに分類されます。この二つのどちらの方式を採用するかは「誰に依頼するか」にも関係してきます。どちらにもメリット・デメリットがあるので、まずは二つ方式の違いについてよく理解することが重要です

コーポラの大規模修繕工事で用いられる二つの方式

コーポラティブハウスの大規模修繕工事でよく用いられる二つの方式について説明していきます。

コーポラの大規模修繕工事で用いられる二つの方式

1.設計監理方式

大規模修繕工事の設計監理方式この方式は、主に大規模修繕工事を専門とする設計事務所に依頼することで行われます。

この方式の特徴は大規模修繕工事の「設計」と「施工」を分離することです。

設計事務所には、改修工事に関わる「調査診断」や「施工方法の検討」「工事の積算」「施工業者の選定などに関するアドバイス」などを依頼します。

また工事期間中は設計事務所が工事が適切に行われるか「監理」を行います。

メリットとしては、設計事務所が主導して、施工業者の選定には複数の施工業者による相見積もりを依頼することで、「工事費用の適正化」と「品質の確保」が可能なことです。

一方で、デメリットとして挙げられるのが、設計事務所への報酬による「追加コスト」や設計事務所と施工業者との「癒着」や「バックマージン」などが頻繁に行われ、昨今では国土交通省から注意するように広報がなされました。

2.責任施工方式

大規模修繕工事の責任施工方式この方式は「管理会社」や「施工業者」に設計から施工までを一括して依頼する方法です。

誰に依頼するにしろ、施工業者の責任範囲が広いので、管理組合との信頼関係があることが、何よりも重要となります。

施工業者の選定に関しては、準備段階で複数の施工業者に大規模修繕工事の具体的な「工事内容」や「金額」を提案してもらい、住民同士の話し合いで一社を指定する方法が一般的です。

メリットとしては良心的な施工業者を見つけることができれば住民の負担は最小限で安価かつ高品質で実施が可能となることです。

一方でデメリットは、複数の業者からの提案を受けても、知識の乏しい住民が選択するのは難しいといった問題や、そもそもどの業者に提案を依頼したらよいのか分からないことが多いということです。

まとめ

コーポラティブハウスの大規模修繕において「設計監理方式」「責任施工方式」どちらを選択するのかはパートナー選びと密接に関係してきます。

仮に建物を建築した業者に信頼を置いているのであれば「責任施工方式」でこの施工業者への発注を基本とした上で相見積を取得するのが良いのではないでしょうか。

こうのように建設した施工会社の他、もう1社か2社インターネットなので業者を調べて相見積もりを取得して価格が適正であるか確認した上で進めていくのが比較的オーソドックスな方法と言えるでしょう。

仮に建築した施工会社との信頼関係がないのであれば、追加コストは掛かりますが設計事務所に依頼するのも良い方法でしょう。

維持/管理
コーポラティブハウスは、集合住宅の理想的な仕組みですが「中立的な立場」で、詳しく解説している書籍やウェブサイトはほとんどありません。「コーポラティブハウスの教科書」では、一般的な分譲マンションと比較しながらコーポラティブハウスの「メリット」や「デメリット」について解説していきます。
#コーポラティブハウスの教科書をフォロー
コーポラティブハウスの教科書
タイトルとURLをコピーしました