お部屋の中は誰が管理する?「共用部分」と「専有部分」の区分けを理解してトラブルを防止

「共用部分」と「専有部分」の区分けを理解してトラブルを防止 維持/管理
コーポラティブハウスなどの区分所有建物は一つの建物の中に複数の所有権が存在しています。簡単に言えば、オーナーが購入したそれぞれの住戸を「専有部分」といい、それ以外の部分を「共用部分」と呼んでいます。「共用部分」の維持管理は管理組合の責任で行う一方、「専有部分」の維持管理はそのお部屋のオーナーである区分所有者の責任で行うことが原則です。

「専有部分」と「共用部分」とは

お部屋の中を「専有部分」と呼ぶのに対し、それ以外の部分を「共用部分」と呼んでいます。

「共用部分」の範囲の例

「共用部分」の範囲の例「共用部分」の範囲は各コーポラティブハウスの管理規約で定められています。建物の「躯体部分」や「屋上」「基礎部分」「電気配線」「給排水設備」などがこれにあたります。

  • 建物の躯体部分
  • 屋上
  • 基礎部分
  • 隣の住戸との間にある壁
  • 玄関扉外側面
  • 窓ガラス
  • 専用庭
  • エントランス
  • ごみ置き場

 

「専有部分」の範囲の例

「専有部分」の範囲は住戸の内側ということになりますが、厳密に言うとその定義は大きく分けて3つあります。一般的に管理について用いられる「専有部分」の定義では、壁紙などを含んだ表面までを「専有部分」としています。

  • 天井・床・壁に囲まれた住戸内
  • 住戸内の間仕切り壁
  • 玄関扉の室内面

まとめ

この「専有部分」と「共用部分」の区分けは言ってみれば維持管理の責任者が「管理組合」であるか「住戸のオーナー」であるかの区分けとも言えます。

したがって何か不具合や故障があった時に、補修費用を支払う義務がどちらにあるのか判断するための大切な役割を担っています。

コーポラティブハウスに暮らす皆さんがこの「共用部分」と「専有部分」の区分けを理解することが「管理組合」と「住戸のオーナー」の間でのトラブルを防止することにつながります。

維持/管理
コーポラティブハウスは、集合住宅の理想的な仕組みですが「中立的な立場」で、詳しく解説している書籍やウェブサイトはほとんどありません。「コーポラティブハウスの教科書」では、一般的な分譲マンションと比較しながらコーポラティブハウスの「メリット」や「デメリット」について解説していきます。
#コーポラティブハウスの教科書をフォロー
コーポラティブハウスの教科書
タイトルとURLをコピーしました