【管理員業務】良い管理に欠かせない!管理人がコーポラティブハウスの管理の中心的な役割を担う

維持/管理
コーポラティブハウスもある一定以上の規模の建物になると管理人を雇うケースもあるでしょう。管理人は住民と接する機会が一番多い管理会社の社員になるため管理組合にとっての管理会社への満足度に大きな影響を与えます。能力の高い管理人が派遣されればそれだけでその管理会社への満足度は非常に高まる結果になり、仮に管理人の質が悪ければ住民の管理会社への評価は大きく下がります。もちろんそれだけではなく管理人が十分な仕事をしていない建物ではすぐに管理の状態に悪影響を及ぼす結果につながります。

コーポラティブハウスで働く管理人の仕事とは?

コーポラティブハウスで働く管理人の仕事とは?コーポラティブハウスの「規模」や「設備」によって、管理人にどのような業務を依頼するか大きく変わってきます。

管理人が住み込みで働くような住み込み方式は、昨今のコーポラティブハウスでは採用されるケースはほとんどありません。

通常は午前8時から午後5時まで週3回など業務時間を定めて通勤してくる方式でしょう。

また管理人の業務は「清掃を行うことがメイン」の場合の他、別に清掃員を雇う管理組合では「住民や来訪者の受付業務」が主な仕事となります。
その他、管理員業務には「共用部分の電球交換」や「点検業務の立会い」、「各種文章の配布」などが含まれます。

管理人さんが建物管理の中心的な役割を担う

管理人を採用しているコーポラティブハウスは、管理人が清掃員に対する指導や点検業者に対しての指示をおこなうなど、管理人の役割は非常に重要です。その他、管理人が「エントランス」や「共用廊下」で、住民への対応が明るく清潔感にあふれているようであれば建物の雰囲気も一層明るくなりコミュニティもますます高まっていくことになります。

まとめ

管理人のコーポラティブハウスでの管理の役割は管理会社のフロントマンと並んで非常に大きなものとなります。管理員業務費として支払っている以上の仕事をしてもらえるのであれば管理組合にとってこれほどありがたいことはありません。

昨今では管理人のなり手も少なく雇用そのものが非常に困難な状況となっています。ですから良い人材を確保するためにはそれなりの対価を支払うことが求められています。

素晴らしい管理人が建物の担当になった場合には、普段からねぎらいの言葉を掛けて、できるだけ長く働いてもらえるように努めることが重要となります。

維持/管理
コーポラティブハウスは、集合住宅の理想的な仕組みですが「中立的な立場」で、詳しく解説している書籍やウェブサイトはほとんどありません。「コーポラティブハウスの教科書」では、一般的な分譲マンションと比較しながらコーポラティブハウスの「メリット」や「デメリット」について解説していきます。
#コーポラティブハウスの教科書をフォロー
コーポラティブハウスの教科書
タイトルとURLをコピーしました