【即決しても大丈夫?】コーポラティブハウス購入前に重要なことは購入後を想像すること

コーポラティブハウスは管理規約や長期修繕計画を確認してから購入する 買う/売る
コーポラティブハウスの購入は、各自それぞれの経済事情がありますが人生の中でも大きな買い物の一つであることは間違いないでしょう。実際にコーポラティブハウス購入に至った理由は様々ですが「最初は分譲マンションの購入を検討していたが情報を収集する中でコーポラのデザインが気に入った」また「コーポラティブ方式のコンセプトが好き」で最初からコーポラティブハウスに絞って購入を検討した方も多いでしょう。いずれにしてもコーポラティブハウスの場合には「消去法」で選択するというよりも、その「建物の魅力」で購入を決意するということが多いように思います。ですから自分の理想のコーポラティブハウスを見つけると後先考えずに即決してしまうといったことも多いのですが、コーポラティブハウスの購入は大きな買い物ですから購入後に目を向けて少し冷静になって考えること必要なことです。

コーポラティブハウス購入後の「ルール」と「コスト」

コーポラティブハウス購入後の「ルール」と「コスト」コーポラティブハウス購入前に、購入した後のことを想像するのは簡単なことではないかもしれません。

もちろんどのような「家具を置こうか」「インテリアはどうするか」といったことは頭の中に思い浮かべて楽しい気持ちになるでしょう。

しかしここで重要なことは暮らし始めてからの「建物のルール」であったり「管理費や修繕積立金などのコスト」などに関わる基本的なことです。

購入前に確認する基本事項1/建物の生活のルール

建物に暮らし始めてからの基本的なルールは管理組合が定める「管理規約」や「使用細則」に記載されています。特にコーポラティブハウスの場合には「建物のコンセプト」や「建設当時の住民の意向」が色濃く反映されている独自性の高いルールが設定されていることがあります。ですからこうしたルールを事前に確認しておかないと暮らし始めてからこんなはずじゃなかったということにもなりかねません。

購入前に確認する基本事項2/修繕積立金の値上がりはない?

長期修繕計画も確認が絶対に必要な書類です。コーポラティブハウスのような共同住宅では、毎月管理組合に「管理費」や「修繕積立金」を支払って、それを管理組合が建物の維持管理費用として運用していきます。こうした「管理費」や「修繕積立金」が適正な金額が設定されていれば良いのですが、コーポラティブハウスの場合には自主管理に近い運営も多く、大規模修繕工事の直前になって修繕積立金を倍にするといったケースも少なくありません。

建物を購入した時には「管理費」や「修繕積立金」が安かったけど、購入したらすぐに修繕積立金が値上げになるといった事態になりかねないわけです。こうした事態を避けるためには「長期修繕計画」を確認することが最も有効な方法になります。

まとめ

コーポラティブハウスは購入後を想像して購入するこのような「管理規約」や「長期修繕計画」などの書類の確認は購入時には見過ごされやすいことですが、必ず購入前に不動産会社を通して管理組合から資料を取り寄せて確認をする必要があります。

ただし一般の方がこうした資料の内容を十分に理解することはなかなか難しいものです。不動産会社にしても担当者は販売のプロであってこうした資料を精査できる管理の専門家ではありません。

不動産会社の担当者に「管理規約」や「長期修繕計画」について質問をしても十分な回答を得られることはあまりないでしょう。
こうした書類の内容に心配があるようなら、購入前にマンション管理士等の専門家の意見を求めることも必要となるでしょう。

買う/売る
コーポラティブハウスは、集合住宅の理想的な仕組みですが「中立的な立場」で、詳しく解説している書籍やウェブサイトはほとんどありません。「コーポラティブハウスの教科書」では、一般的な分譲マンションと比較しながらコーポラティブハウスの「メリット」や「デメリット」について解説していきます。
#コーポラティブハウスの教科書をフォロー
コーポラティブハウスの教科書
タイトルとURLをコピーしました